2016/12/14

かぐや姫の和三盆をつまみながら、竹にまつわる読書をします。江國香織『竹取物語』。森見登美彦『美女と竹林』


風の強い水曜日。

森の読書猫、

森太郎がギンリョウバイの写真をぱちり。


――ピントがずれちゃった。






先日の読書会で

すてきな差し入れをいただきました。






素敵な和紙の箱に、

昔ばなしの文字。


ふたをあけると…。






かぐや姫のお干菓子が!


ばいこう堂の昔ばなしシリーズという

お菓子だそうです。






かぐや姫、竹取の翁、天人たち。

細かな仕事にため息が出ます。

食べてしまうのがもったいないですね。



『竹取物語』
文/江國香織
画/立原位貫
新潮社
1,728円



しっとりとした物語を楽しんだら

今度はおなかを抱えて笑ってみるのも

いいものです。


『美女と竹林』
著/森見登美彦
光文社
617円