2016/12/05

旅する葉っぱと猟師の娘。 デイジー・ムラースコヴァー『かえでの葉っぱ』『なかないで、毒きのこちゃん』


手仕事展が終わった森は、

クリスマスに向かってすすみます。


裏庭のアジサイも

冬色に紅葉しました。






街路樹だけでなく

庭木の色づきも

うつくしいもの。



すばらしい木々を見たら

ぜひ森太郎とモリーに

教えてくださいね。






今日はチェコの作家

デイジー・ムラースコヴァーの作品を

紹介します。



『なかないで、毒きのこちゃん』
作/デイジー・ムラースコヴァー
理論社
定価(1,600円+税)



動物や植物が

眠りに入る冬。



チェコの森でいきいきと暮らす

猟師の娘カジテナは

森の生き物たちと

まるで人の友達とするように

おしゃべりしたり遊んだり、

けんかしたり、しています。



いろんなかたちのいのちを

身近に感じる一冊です。




『かえでの葉っぱ』
作/デイジー・ムラースコヴァー
絵/出久根育
理論社
定価(1,800円+税)



季節という時の流れを

はこばれていく

かえでの葉っぱの物語を

本に封じ込めた絵本です。



出久根育さんのイラストは

ため息が出るほどうつくしく

季節の空気を描き出しています。




街路には

イチョウやカエデの葉っぱが

落ちています。



一枚の葉っぱをひろって

そのこしかたやゆくすえに

思いをはせる一日に

なりそうです。