book


      お家で過ごす時間が長くなりました。本を楽しみませんか?店頭在庫など、電話・FAX・メールにてお問い合わせください。ご注文いただいた本は、発送いたします。

2020/07/01

七月の詩『たましい』石津ちひろ





かぜが ここちよかったから
たましいを こころのおくから
とりだして
かぜにさらしました
かぜになびきながら
いたましい たましいは
もうすこしで
とんでいきそうになりました


けれども
かぜにさらされたおかげで
いたましい たましいは
たくましい たましいに
うまれかわりました
たましいを もういちど
こころのおくに
しまいました


『あしたの あたしは
あたらしい あたし』
石津ちひろ
理論社



****


種と苗の交換会




変化あさがお(6/22~終了しました)
ヘクソカズラ(6/22~残り僅か)
ワタ(6/22~終了しました)
ヒメヒオウギの種(七月予定)
ビロード草の種(七月予定)


2020/06/30

6月30日(火曜日)はお休みです


雨の火曜日

窓の外 とても近くで

ツバメが 鳴いています。




本日6月30日(火曜日)は

都合により 

お休みさせていただきます。


****


種と苗の交換会




変化あさがお(6/22~終了しました)
ヘクソカズラ(6/22~残り僅か)
ワタ(6/22~終了しました)
ヒメヒオウギの種(七月予定)
ビロード草の種(七月予定)

2020/06/26

五角形の紫


午後から 雨とききますが

朝はずいぶんと 晴れて

とても 蒸しています。




桔梗は 咲いても

うつくしいけれど

咲く前の つぼみが

あいらしいです。





田んぼは 緑の風が吹き

川べりは 葛が緑の海です。



緑の季節に

裏庭で 木洩れ日の中にいると

ほっと します。



森で お待ちしております。


****


種と苗の交換会




変化あさがお(6/22~終了しました)
ヘクソカズラ(6/22~)
ワタ(6/22~もうすぐ終了)
ヒメヒオウギの種(七月予定)


2020/06/25

アジサイの坂道


雨の木曜日です。


三重県立文化センターへ 向かう坂道には

たくさんの アジサイが 植えられています。




少し 盛りを過ぎて

色があせた 花びらも

水彩画のようで 心をひかれます。





アジサイの花は

いろんな 種類が ありますね。

写真の アジサイは

つまみ細工のように

花びらが ぷっくり しています。


森の裏庭にも

額アジサイに 柏葉アジサイなど

いろいろな かたちが

目を たのしませてくれます。


***


種と苗の交換会

今日はおやすみ

変化あさがお(6/22~終了しました)
ヘクソカズラ(6/22~)
ワタ(6/22~もうすぐ終了)

2020/06/23

ナンキンハゼに集まる虫たち


ナンキンハゼに

花が咲きました。




羽のある 虫たちが

樹上に 集まります。



蜂は その羽音で

蝶は その地面に踊る影で

訪れを 知ります。


***


種と苗の交換会

変化あさがお(6/22~)
ヘクソカズラ(6/22~)
ワタ(6/22~)

2020/06/22

パンランチの月曜日。みどりのひきだしから、変化アサガオ、ヘクソカズラ、綿の苗


ぽつり ぽつりと

雨が ふっています




薄暗い朝の 夜明けは

しずかな 青色でした。


今日は 

パンランチの 月曜日。

予約制ですが

ほんのすこし

余裕があります。


***


花のたね・苗の交換会


もうひとつ、苗が加わりました。

2020/06/21

22日月曜日はパンランチ、あさがおの苗、あります


裏庭の林檎が

大きくなってきました。





お知らせです。

変化アサガオ、ヘクソカズラの苗を

入荷しました。

無料でお持ちいただけます。



変化アサガオは

ふつうのアサガオとは

すこし、違った花を咲かせます。




ヘクソカズラは

心臓型の葉っぱをした

つる性の植物です。

特徴的な匂いがしますので

ずいぶんな名前がついていますが

花は雲母のように白く、

(芯は、滲むような赤です)

秋にみのる実は、黄金色です。

2020/06/20

西の空に太陽が沈むころ


ネジバナが

咲き始めました。




夜の 入り口の

裏庭は 緑が深くて

風が ひんやり しています。




みどりのひきだしから

お知らせです。

2020/06/13

臨時休業のお知らせ












本日6月13日(土)

おはなしの森は

おやすみです。



葉っぱのついた

人参の てっぺんを

すとんと きりおとして

土に植えましたら

ぐんぐん 育って

花が 咲きました。


2020/06/01

6月の詩『えいえん』工藤直子

えいえん

にじ ひめこ




あめあがり あおぞらが
あんまり すてきだったので
おひさまと そうだんして
にじいろのみちを かけました

あおぞらが えいえんに
かがやきわたるようにとの
ねがいをこめて

ごらんなさい
いま にじのみちを しずしずと
「えいえん」が わたっていきます

すぐきえる わたしですが
あおぞらと いっしょに わたしも
えいえんに 「あらわれつづける」
つもりです


『あっぱれのはらうた』
詩/工藤直子
童話屋

2020/05/31

みどりのひきだし:綿の育て方




綿 / cotton
アオイ科の多年草

ピアニストのお客さまから
育て方のレシピと共にお分けいただきました。


綿は根っこをまっすぐに伸ばすので、
直まきが良いとされています。


ですが、森の庭には 
たくさんの虫たちが暮らしているので
直まきをすると、
すぐに双葉を食べられてしまいます。




配布させていただいた種の残りを
ポット苗として発芽させました。


引っ越ししたことを綿に気づかれないように
そっと、地面や鉢に植えてください。

教えて頂いた、育て方を載せておきます。
少し時期もずれておりますし、
苗を育てる場所もさまざまかと思います。
この通りにできなくても、
それぞれのご家庭で
チャレンジしてみてください。

おおらかに育てることが、
ポイントかな、と思います。


参考図書
『ワタの絵本』
著/日々暉
農文協
2500円+税


***


転載/ピアニストのレシピ

綿の育て方……畑がオススメ
☆この種は2020年春しか発芽しません(収穫した翌年しか発芽しません)

・畑の準備……蒔く一週間くらい前に、深く(ゴボウのような根っこなので)、よく耕す。やせた土なら、石灰や油粕を入れてもいい。ウネ幅、70~90㎝。

・蒔き時……最低気温が12℃以上になったら。5月上旬~中旬。梅雨直前はダメ。

・種の準備……綿毛をきれいにとる。きれいに取れた種は一晩、綿毛が少し付いていたら一昼夜、蒔く前に水につける。

・蒔き方……30㎝間隔で2~3粒ずつ、種に土がかぶる程度に浅く蒔く。本葉が5~6枚になったら間引く。植え替えは不向き(成長が遅れます)。

・水やり、肥料……水やりは乾燥させない程度に。夏の乾燥に注意。肥料は成長によって、6月末~7月にあげてもいい。水も肥料も、やり過ぎないこと。

・発芽して10㎝くらいになると、1~1ケ月半くらい全く伸びないが、根が成長する時期なので心配ない。心配して、水や肥料を与え過ぎないこと。

・雑草は小まめに抜く。台風時期は支柱を立ててあげる。

・開花→コットンボール→綿が開く→開いた綿はビニール袋をかぶせても、いい。

私はコットンボール全体の1/3位が開いたら、木を引き抜いて、余分な葉を落とし、ドライフラワーのように風通しの良い日かげに吊るします。徐々に、他のコットンボールも開いてきます。開かないものもありますが、それもいいアクセントです。きれいなリボンやオーナメントを飾ると、クリスマスやお正月にも楽しめます。

2020/05/25

おはなしの森、20年目の誕生日


5月25日は

おはなしの森の誕生日

20年目を迎えました。
















本と 出会い

人と 出会って

こころが つながっていく

ゆたかな 場所でありつづけること

緑 ふかまる 庭とともに

歩んでいきたいと 思います。



森で お待ちしております。



これからも どうぞ

よろしくお願いいたします。















2020/05/22

営業時間 10:30 - 16:30


庭の緑が ひと雨ごとに

あざやかに つよく

そだっていきます。














アジサイも ほんのり

色づいています。


心して

おだやかに。


森で お待ちしています。


2020/05/19

雨上がりの時間


本日5月19日火曜日

おはなしの森は 営業しています

10:30 - 16:30

森のキッチンも ご利用いただけます






ひとあめごとに

庭の植物が 育ちます

睡蓮の 葉っぱも

どんどん ひろがって

ことしは 花が 

咲くでしょうか?



森で お待ちしております。

2020/05/18

5月18日月曜日 森のキッチン再開しました


午後から 雨予報の

月曜日です






10:30 - 16:30

森のキッチンも

ご利用いただけます

2020/05/16

5月16日土曜日 営業しています

雨の 土曜日です。


庭のナガミヒナゲシが

きれいに 雨粒を

まとっています。





森で お待ちしています。



2020/05/15

5月15日金曜日 営業しています


雨が近いからか

雲の変化が いちじるしい

今朝の空でした。





庭の薔薇が

さきはじめました。



2020/05/14

5月14日木曜日 営業しています


みどりの あざやかな

季節です。






ひとの いない

時間を みはからって

散歩を しています。



町の みどりも

庭の みどりも

こころに 元気を

くれますね。

2020/05/11

初夏の匂い

本日5月11日(月)

おはなしの森は営業しています。






営業時間

13:00 ~ 16:30

森のキッチンはお休みです。


森の庭は

ジャスミン カラタネオガタマ

町は

どんぐりの木 スイカズラの

匂いがします。


森で お待ちしています。



2020/05/09

りんごの木の木洩れ日




本日5月9日(土)

おはなしの森は営業しています。






営業時間

13:00 ~ 16:30

森のキッチンはお休みです。



夜は 雨になりそうな 空模様ですが

太陽が 顔を出すと

りんごの木の下は 木洩れ日で

ひかりと かげが おどっています。




2020/05/08

祖父から習った笹の亀

5月8日金曜日






おはなしの森は営業しています

13:00 ~ 16:30
※森のキッチンはおやすみです


笹の 新芽で 

亀をつくりました。


みどりのものは 今朝 

つくったもの。

色のあせたものは 去年 

つくったものです。

2020/05/07

カエルの歌と初夏の匂い





5月7日木曜日

おはなしの森は営業しています

13:00 ~ 16:30
※森のキッチンはおやすみです



庭のアジサイに

アマガエルが やってきます

雨がふったり 水をまいたりすると

のどをふくらませて

歌いだします。


2020/05/03

今月の詩『歩く』三谷恵子


歩く



「歩く」という字は
なぜ
「止まる」「少し」と書くのだろう

2020/04/20

おやすみのお知らせ


4/20(月) - 5/6(水)
CLOSED


おはなしの森は

ゴールデンウィーク明けまで

おやすみさせていただきます。





2020/04/17

エニシダのきいろ、ヘクソカズラのきみどり


くもりぞらの 金曜日。






だんだんと 色づいて

ふくらんでいた 金雀枝のつぼみが

今朝 咲きました。

2020/04/16

忘れな草が咲きました


あかるい 陽ざしの 木曜日

忘れな草の 青色が

木洩れ日に まぶしそうです



2020/04/10

営業時間変更のお知らせ。


りんごのつぼみが

ふくらんできました。





営業時間変更のお知らせです。


10:30 - 16:30
水曜日、日曜日定休
祝日不定休


2020/04/06

ジューンベリーの花が咲きました




みのむしのように ぎゅっと 

あつまっていた つぼみが

毎日 背をのばして ぐんぐん 育ち

花を さかせました。

2020/04/03

何か説明のつかない、いのちの力のようなもの 梨木香歩『岸辺のヤービ』福音館書店


ヤービはそういう男の子なのでした。ちょっと落ちこんでも、しばらくたつとかならず、何か説明のつかない、いのちの力のようなものが、体の奥深くからわきあがってくるようなのです(p220)




2020/04/02

ルピナスがまとう雨のしずく


今年も 四番目の月が やってきました。

三月に目覚めた 植物たちが ぐんぐん育つ季節です。

さくらの咲くころは 雨もおおいですね。

雨が 植物たちの成長を たすけてくれます。

雨のしずくをまとった葉っぱは いいものです。





2020/04/01

4月の詩『ぼくのゆめ』谷川俊太郎




おおきくなったら なにになりたい?
と おとながきく
いいひとになりたい
と ぼくがこたえる
おこったような かおをして おとなはいう
もっと でっかいゆめがあるだろ?

2020/03/02

3月の詩『わたしは まだ』三島慶子



わたしは タネ
くらい土のなかで
ちいさく かたく ひとりぼっち
きょう ながめても
きのうと ちっともかわらない つくづくの タネ



2020/02/03

2月の詩『おだやかに』谷川俊太郎





追い求めると
楽しみには 哀しみしか残らない
甘えると
苦しみは いつまでもうずく


2020/01/06

1月の詩『てとあし』




あしが
わたしを はこび
あしが
わたしを つれてゆく
そこで
であう あたらしいひと
そこで
はじまる あたらしいこと
てが
さわり
てが
つかみ
五ほんのゆびで
あんでゆく

ひとつ ひとつ
たえまなく
さがすたび
わたしの あしたを
つくるたび
てとてとあしが
はこんでく
みらいの わたし
まだみぬ わたし


宇部京子
『リンダリンダがとまらない』
理論社