2018/06/30

ナンキンハゼのお客さま


ナンキンハゼの花粉も

少なくなってきたのか

虫たちの数が

少し減ってきました。






蜂も蝶も

夕方になると

姿が見えません。



2018/06/29

土をつくるいきものたち。


ナンキンハゼの雄花が

散り始めています。






石の上を

小さな虫たちが行きかいます。



せわしないのは

蟻。

たくさんの足で

リズムよく歩くのは

ダンゴムシ。






森の庭には

ダンゴムシが

たくさんいます。



ダンゴムシは

ミミズとおなじように

落ち葉を食べて

土を作ります。



カルシウムをとるために

コンクリートをかじったりも

するんですよ。



小さな生き物たちの

大きなはたらきで

土は豊かになっています。



『ぼく、だんごむし』
文/得田之久
絵/たかはたきよし
福音館書店


『ダーウィンのミミズの研究』
文/新妻昭夫
絵/杉田比呂美
福音館書店



『ポットくんとミミズくん』
文/真木文絵
絵/石倉ヒロユキ
福音館書店



2018/06/28

雨の色の花


紫陽花は

枯れはじめても

うつくしい花です。






もっと古びて

レースのようになった

紫陽花も

とてもきれいです。



ヤマモモの季節


木の下に

実が落ちていたら

当たり前のことですが

木の上には

実がなっています。



 撮影場所:偕楽公園


ヤマモモの実は

赤くて

とてもきれいです。



 撮影場所:三重県医師会館前



熟して落ちた実は

地面を覆います。



 撮影場所:お城西公園


木の下に

にぎやかな気配があれば

木の上にも

同じ気配があります。



虫や鳥が

集まってくるからです。



森の裏庭の

ナンキンハゼの木の下は

散らばった雄花で

黄色くなっています。

そして木の上では

蝶や蜂たちが

嵐のように旋回して

花粉を集めています。



2018/06/25

海へ行った日のこと


真夏のような

一日でした。



ナンキンハゼの木には

蜂や蝶が

集まっています。






数日前は

いかにも梅雨らしい

雨と風の日で

夜には少し

肌寒かったのを

覚えています。



その日に

海へ行きました。






大きな通りを渡った先にある海は

満ち潮の時間で

それでもまだ

砂浜が広々しています。






菊の花のような

海藻。






これはツメタガイという

肉食の貝です。

砂浜のあちこちの

この貝の卵(卵塊)が

転がっていました。






その形から

砂茶碗と

呼ばれているそうです。






自然のものは

不思議で

おもしろくて

見ていてあきることが

ありません。






森の本棚には

海の科学本も

たくさんそろっています。



楽しみを探しに

ぜひいらしてください。





2018/06/24

雨宿りのアゲハチョウ


雨の後

アゲハチョウが

庭木にとまって

羽をかわかしていました。






羽を

平行にして

静かにしています。






近づいても

にげません。






しばらくすると

ひらひら

とんで行ってしましました。


2018/06/22

ぶぶぶん・ぶぶぶぶ


ナンキンハゼの花が

咲いて

さっそく

くまんばちが

やってきました。






黒い毛のはえたあしは

まるまるとして

黄色いふわふわの襟巻が

すてきです。






蝶やはえや、

カメムシもいました。



もうしばらくすると

虫たちが樹上を旋回して

木をとりまく竜巻のように

見える日がやってきます。






しばらくは

にぎやかな庭先です。



きのこの季節


雨の季節に散歩をして

目をむけるべきは

きのこです。





ふと

気配を感じて

目をこらすと

きのこは、います。






目がなれてくると

こんなに小さなきのこも

見つけられるように

なります。






ふしぎな

ものたち。






この季節の

楽しみです。



撮影場所 / 偕楽公園


2018/06/20

雨に咲く合歓の木とカタツムリアパート





偕楽公園駐車場脇の合歓の木


旧博物館ブロック塀のカタツムリ

2018/06/15

梅雨の一日。




朝の雨は

午后にはやんで

またもや降って

今はカエルが

鳴いています。







津駅の西口に近い

旧博物館の奥には

偕楽公園がありますが

その手前の坂道の

コンクリート塀に

カタツムリがいます。



最近

カタツムリをみかけることが

少なくなったので

少しうれしい

坂道です。

2018/06/14

トネリコスプラウト。


おはなしの森の裏庭は

トネリコの木が生えています。



花の季節には

クマバチがBububu…Bubububu…と

枝を揺らしながら花粉を集めます

(クマバチの羽音は、

庭の反対側にいても聞こえます。

名前の通り、体がおおきく

むくむくと毛深い蜂ですが、

礼儀正しく接している限り

おそいかかっては来ません)。



花の後には実がなって、

それはとりもなおさず“種”なのですが

トネリコの種は稲穂のように

たくさん、たくさんなります。



種はやがて、地面に落ちます。

ただ、発芽するのは

せいぜい一つか二つといったところ。



ところが今年は、

事情が違いました。






小さな

双葉が

そこかしこに

あらわれたのです。






トネリコの木の下を中心に

密集して生えています。






落ちたすべての種が

ーーよし、今年は発芽するぞ。

と、決意したかのようです。






今年の気象条件が

トネリコの発芽に

ぴったり合っていたのでしょうか。



まるで

スプラウトのように

びっしり

みっしり

生えそろっています。


2018/06/13

6月のフラワーアレンジメント。


今日のおはなしの森では

フラワーアレンジメント教室が

ひらかれました。





つややかな

みどりの葉が

きれいです。



Green was the silence,
Wet was the light

the month of June
trembled like a butterfly.



チリの詩人

パブロ・ネルーダの

詩を思い出しました。



2018/06/12

雨を告げる花、アガパンサス。


お店の

前庭で

アガパンサスが

咲いています。





ヒガンバナ科の

花らしく

茎がすぅっと伸びて

葉っぱの印象は

あまり

強くありません。



アガパンサスが咲くころ

梅雨が来ると

いつか

本で読んで以来

この花は

雨の季節を知らせる花として

記憶にきざまれました。


2018/06/03

アマリリスが咲きました。


6月1日の

アマリリスは

いくつの花がさくか

わからない。






6月2日のアマリリスは

つぼみが2つ…

3つ…?






そして今日

6月3日のアマリリスは

きれいに

咲いている。






つぼみは

3つ。

3つの花が

咲く予定。





今日

森の庭でみた

いきものは

モンシロチョウと

ダンゴムシ。



でも

地面の下には

もっとたくさんの

いきものが いる。



たとえば

ミミズ

たとえば

ハサミムシ。



名まえもしらない

たくさんの

いきものたちが

森の庭で

生きています。


2018/06/02

ひらりひらりと飛ぶツバメ。



お店の前の

電線に

一羽のツバメ。






近くに

巣があるのでしょうか?



鳥が

ひなをそだてる

季節です。



お店のあたりでは

一日中

イソヒヨドリの声が

響いています。



巣を守るための

特別な鳴き声は

少しだけ

カエルに似ています。



イソヒヨドリは

青みの灰色に

胸元ばかりが赤い色の

とても美しい鳥です。


2018/06/01

水無月を食べました。


6月の庭は

みどりが

きれいです。





みどりのしげみを

モンシロチョウが

とんでいました。


ちょうちょの

しろと

あじさいの

むらさき。







おやつは

季節の

和菓子。






氷を

デザインした

かたちです。




『和菓子のほん』
中山圭子/著
阿部真由美/絵
福音館書店


水無月は

6月の

古い

なまえです。



6月に

“6月”を食べるって

なんだか

おもしろいですね。


六月の詩『森の小鳥 / ジェイムズ・リーヴス』(「ライラックの枝のクロウタドリ」より)


 森の小鳥
       
 森の小鳥はうたいます 緑の草地を
 岸辺にプリムローズが咲いている
 小さな池のことをうたいます

 森の小鳥はうたいます 陽のさす庭を
 花の香りがみち満ちる
 夜の庭のことをうたいます

 森の小鳥はうたいます 水が流れおちるさま
 お姫様の波うつ髪が
 流れるような滝のことをうたいます

 森の小鳥はうたいます 遠い国々を
 波が泡立つ砂浜の
 海の向こうの山々をうたいます

 はるか遠くの山の上 そのてっぺんに町があり
 灰色ひげの魔術師が
 金の冠をかぶって座ってる

 森の中 高い木々の梢にとまり
 小鳥たちが うたうのは
 どの歌もみな
 この年とった 魔術師が教えてくれたもの

          
 詩集『ライラックの枝のクロウタドリ』より
 ジェイムズ・リーヴス 詩
 エドワード・アーディゾーニ 絵
 間崎ルリ子 訳    こぐま社

夏休み子ども教室

韓紙(ハンジ)工芸/韓国の紙を使ったクラフト教室

折り紙工作教室などを予定しています。

詳しい内容・日程は7月通信でお知らせします。

お楽しみに。

おはなしの森を楽しむ会【フラワーアレンジメント教室】

6月12日㈫
10:30 - 12 : 30
定員6名
講習費/¥3000
講師/フラワーコーディネーター飯田美智子さん

梅雨時にぴったりの、ハーブとお花のアレンジです。心地よい香りで、気分もさわやかに!

※花バサミをお持ちください。