2018/07/17

この実は、なあに。


水路側の

フェンス脇に

忽然とあらわれた

木。





イチジクみたいな形の

小さな実がなっています。



この実は

マルバシャリンバイ。



鳥が

運びました。


2018/07/16

アサガオより早起きする


ナンキンハゼの

蝉目覚ましで

とびおきる朝です。






今日は

海の日。



森は

おやすみです。







どうぞ

また明日

いらしてください。



暑さに

気をつけて

よい一日を。


2018/07/11

柏葉アジサイの挿し枝


柏葉アジサイの差し枝が

そだっています。






アジサイが

木立のように

繁る庭を

作りたいと

思います。


2018/07/10

きのこふたたび。


百日草の

プランターに

きのこがでました。






ひょろりとして

内気そうな

きのこです。



雨の時期は

植木鉢をのぞいてみると

おもしろいかも

しれませんね。

2018/07/09

レインリリーがゆれる夕方。


夕暮れ前の

青空は

うすい雲が

かかっています。





森の庭では

いま

何が 咲いているでしょうか。






シュウメイギクに

レインリリー。






百日草は

最初の花が終わって

次の花が

続々 咲き始めたところ。



咲き初めの花は

ブラシみたいな

かたち。






ミントの花は

猫のしっぽ。






マリーゴールドは

夏を ねりこんだ

和菓子みたい。






ひだひだは

海の

いきものにも

すこし

似ている。






夏の 花は

鮮やかだけれど

それほど

長く 咲きません。



花火

みたいに。



2018/07/08

まんまるい苺


前庭に

直径1センチくらいの

大きなヘビイチゴが

ありました。





これくらいの

大きさだと

食べられそうですね。


2018/07/07

ナンキンハゼの木の下はにぎやか


連日の雨で

ナンキンハゼの雄花が

たくさん 落ちました。






受粉が終わった

雌花は

実をつくる

準備をしています。





2018/07/05

みんな、まるい。


雨の日の

里芋の はっぱは

コロボックルの

かさ

雨粒を うける

おさら。





水は

まるくなる

星形には

ならない。



木の幹の

地衣類も

まるくなる。






テントウムシも

まるい

(背中のもようも)。






海月も

まるい

おつきさまも

まるい。






みんな

まんまる。


2018/07/03

植木鉢のきのこ


お店の前の

鉢植えに

きのこが出ました。






数日前

同じ鉢に

四本のきのこが

生えていました。



きのこの生える

環境が

地面の下に

あるんですね。



2018/07/02

ヒャクニチソウのせいくらべ




百日草が

並んで咲いています。






ピンク色の

太陽。






星も

散らばって。



2018/07/01

今月の詩『私たちの星』(谷川俊太郎『いまぼくに』より/理論社)


私たちの星


谷川俊太郎


はだしで踏みしめることのできる星
土の星

夜もいい匂いでいっぱいの星
花の星

ひとしずくの露がやがて海へと育つ星
水の星

道ばたにクサイチゴがかくれている星
おいしい星

遠くから歌声の聞こえてくる星
風の星

さまざまな言葉が々喜びと悲しみを語る星
愛の星

すべてのいのちがいつかともに憩う星
ふるさとの星

数限りない星の中のただひとつの星
私たちの星


『谷川俊太郎詩集 いまぼくに』
理論社

夏休み子ども工作 第1回7/30(月)韓紙工芸 & 第2回8/20(月)折り紙で遊ぼう