2016/12/09

歩く足、はたらく車。シェリー・ダスキー・リンカー『おやすみはたらくくるまたち』森のキッチンはワッフルデー2日目。


森の読書猫、

森太郎とちびのモリーは

冬のお散歩に

津のお城へ出かけました。






――あ、ムクロジ。


森太郎が言いました。



半透明でオレンジ色の実をゆすると

中で種がカラカラ音をたてます。


種は羽根つきの黒い部分になりますし、

殻はサポニンが含まれているので、

石鹸や洗剤の代わりになるそうです。






お堀のまわりは

水辺だからか

しんと冷たい空気。



朝の時間には

お昼間には見かけない

工事現場から来た

大きな車も走っています。



――タイヤ、いくつある?



ちびのモリーが

目を丸くして数えます。



『おやすみ、はたらくくるまたち』
文/シェリー・ダスキー・リンカー
絵/トム・リヒテンヘルド
ひさかたチャイルド
定価(1,300円+税)



工事現場でビルを建てたり

道をつくったりする、

はたらきものの車たち。



クレーン車、ミキサー車、

ブルドーザー……。



そんな車たちの

すてきなおやすみ絵本です。





今日はきのうに引き続き、

森のキッチンはワッフルデー。



サクサクのワッフルを

お召し上がりください。