2016/12/23

冬の空から落ちてきたの?森にやってきた真っ白いふわふわ。雲かしら。雪かしら。いえいえ、それはピアニストの畑から来たコットン・ボールです。ひびあきら『ワタの絵本』農文協


ひんやりした風が吹いています。

空にはぽこぽこ雲が浮かんで、

鳥たちの声がきこえます。




森の読書猫ちびのモリーは

お店で不思議なものを見つけました。






――この、ふわふわしたものは、なに?







その正体は、綿。



ピアニストのお客さまが

畑で育てた綿を届けてくれたのです。



どんぐりやら松ぼっくりやら

自然の実が大すきな森のスタッフは

大よろこび。



森の裏庭でも矮性の(ちいさい)綿は

育てたことがあるのですが、

本物はとっても大きい枝ぶり。


枝はかちかちで、まるで木のようです。






――綿あめみたい。






はじける前の莢も

こんなに立派。



――毛糸玉は羊さんの毛からできるけど、

この綿からは何ができるんだろう。



この冬は、綿の歴史や

つむぎ方を研究しようと思う

ちびのモリーでした。



『ワタの絵本』
編/ひびあきら
絵/やまだひろゆき
農山漁村文化協会
定価(1,800円+税)