2017/07/01

≪七月の詩≫岸田衿子「南の絵本」



南の絵本

岸田衿子




いそがなくたっていいんだよ

オリイブ畑の 一ぽん一ぽんの

オリイブの木が そう云っている

汽車に乗りおくれたら

ジプシィの横穴に 眠ってもいい

兎にも馬にもなれなかったので

ろばは村に残って 荷物をはこんでいる



ゆっくり歩いて行けば

明日には間に合わなくても

来世の村に辿りつくだろう

葉書きを出し忘れたら

歩いて届けてもいい

走っても 走っても オリイブ畑は

つきないのだから

いそがなくてもいいんだよ

種をまく人のあるく速度で

あるいていけばいい



『ポケット刺繍』
童話屋



夏を前に緑が輝く森の庭です。

今月もよろしくお願いします。