2016/11/06

チューリップ、植木鉢の秘密とフェルメール。 真木文絵『ポットくんのおしり』 林綾野『フェルメールの食卓 暮らしとレシピ』




春に咲く球根を植える季節です。



ぐいっと地面にうめてしまえば

芽が出てくる…と思いがちな球根。



きちんと上下があったり、

かぶせる土の量が

球根ごとにちがっていたりします。

(上下が逆さまでも、

土中でアクロバティックに苦心して

きっと芽を出してくれる彼らですが)



鉢植えにするなら、

どんな植木鉢がいいでしょうか。



ぴったりの大きさや、

底にあいている穴について

ポットくんとみみずくんに、

たずねてみることにしましょう。



『ポットくんのおしり』
作/真木文絵
絵/石倉ヒロユキ
福音館書店
定価(1,000円+税)



チューリップはオランダの国花。

17世紀のアムステルダムでは、

チューリップの品種改良が

さかんに行われ、

めずらしいものは高値で取引されました。



オランダの画家フェルメールも

チューリップを愛でたでしょうか。



『フェルメールの食卓
暮らしとレシピ』
著/林綾野
講談社
定価(1,800円+税)