book


      お家で過ごす時間が長くなりました。本を楽しみませんか?店頭在庫など、電話・FAX・メールにてお問い合わせください。ご注文いただいた本は、発送いたします。

2020/05/03

今月の詩『歩く』三谷恵子


歩く



「歩く」という字は
なぜ
「止まる」「少し」と書くのだろう


歩く
道を 歩きながら
考える

止まってみよう
少しだけ
道の途中だけれど

一息ついて
ふりかえる
なぜか
「歩く」を感じる


令和版「子どもといっしょに読みたい詩」
水内喜久雄編著 PHP研究所 ¥2200
~自然や人のあたたかさが伝わる100編の詩~より
「七つ葉のクローバー」三谷恵子 らくだ出版