光の影をつくる。 おおくぼともこ『フィンランドの伝統装飾 ヒンメリ』


森太郎が横目で気にしているのは

ハツユキカズラ。






ハツユキカズラのつるは

とてつもない生命力の持ち主。



雨どいにまきついたり

シャッターに入り込んだり

なかなかやっかいです。



夏ごろに森太郎が

ちょきちょき鋏をふるうでしょう。





フィンランドの伝統装飾 ヒンメリ
著/おおくぼともこ
プチグラパブリッシング 2,052円


参加者募集中の、

ヒンメリを作る会。



ヒンメリとは、フィンランド語で“天”を

意味するそうです。



本の表紙のヒンメリは

まるで光の結晶みたい。



夏のお部屋で

ゆらゆらしていたら

きれいですね。






≪参加者募集のお知らせ≫




6月から7月にかけておこなわれた

“ぐりとぐらの手ぶくろ人形を作る会”は

大好評のうちに終わりました。


ありがとうございます。





9月にはエルマーのりゅうを作る予定です。





作ってみようかな、と思われる方、

どんなのだろう、と気になる方は、

お気軽にスタッフにおたずねください。



≪夏の子ども手づくり教室のお知らせ≫


●やさしく風にゆれるモビール

 ヒンメリを作りましょう。





7月30日(木)

10:30~12:00 

定員 6名

講習費 500円



光のモビールと呼ばれるヒンメリは、

フィンランドの伝統的なつるし飾り。



麦わらに糸を通し、

立体的に立ち上がった幾何学模様は

とても綺麗です



今回は涼しげな色合いの

ポリエステルのストローを使って作ります。





フィンランドの伝統装飾 ヒンメリ
著/おおくぼともこ
プチグラパブリッシング 2,052円


●顔がとび出す

 小さな絵本を作りましょう





8月11日(火)

10:00~13:00 

定員(小学生対象) 6名

講習費 1200円


四場面で、四つの顔がとび出す折りたたみ絵本です。

家族、動物、妖怪……四つの横顔を考えてきてくださいね。

森の庭日記

森の庭日記
庭曜日の虫めがね