book


      お家で過ごす時間が長くなりました。本を楽しみませんか?店頭在庫など、電話・FAX・メールにてお問い合わせください。ご注文いただいた本は、発送いたします。

2016/12/20

カーテンの隙間、窓の向こう側。今森光彦『切り紙12か月』童心社。マリ・ゲヴェルス『フランドルの四季暦』河出書房新社





来年の干支、とり。


森の読書猫森太郎は

安濃川でアオサギをみかけました。





森の裏庭の常連は、

ヒヨドリ、ジョウビタキ、キジバトです。

(夏にはメジロが巣をかけました!)



鳥の影がひゅっと窓を横切ると

カーテンをほそくあけて

庭をながめます。



水浴びをしたり、食事をしたり、

ちょこまかと動き回る鳥の姿は

見ていて飽きることがありません。



冬枯れてきた庭に

楽しみをくれるいきものです。



『切り紙12か月』
作/今森光彦
童心社
定価(1,500円+税)



うつろう季節はいいものです。

冬には冬の、春には春の

いいところがあります。



季節のエッセンスを切り紙にして

お部屋のインテリアにすると

窓の外から季節をおまねきしたようで

気分が明るくなります。



ちょきちょき鋏を動かして

冬のお部屋をあかるくする

かざりをつくってみてください。




『フランドルの四季暦』
著/マリ・ゲヴェルス
定価(2,400円+税)
河出書房新社


ベルギーはフランドル地方の

季節のうつろいは

日本のものとはことなっています。



けれども、親しみにくいことは

けっしてありません。



うつろっていくものを観察する

たしかな眼差しは

自然への純粋な好奇心そのもの。



冬の夜にじっくり読みたい一冊です。



ガーデナーでイラストレーターの

大野八生さんのイラストも楽しめますよ。