book


      お家で過ごす時間が長くなりました。本を楽しみませんか?店頭在庫など、電話・FAX・メールにてお問い合わせください。ご注文いただいた本は、発送いたします。

2016/06/28

庭のクチナシと、メジロ。 『鳥の巣の本』『ぼくの鳥の巣絵日記』


雨の気配がする庭に

クチナシの花が咲いています。






ジューンベリーに

巣をつくったメジロは

今日も森のスタッフに見守られて

無事に一日を過ごしたようです。





過去記事:森の庭にメジロが巣をつくりました。



――メジロは巣作りに、ビニールひもを使うんだって。



すっかりメジロ熱にかかった

森の看板猫こと

読書猫ちびのモリーは

鳥の巣の絵本に

読みふけっています。



『鳥の巣の本』
作/鈴木まもる
岩崎書店 
定価(1,500円+税)



左上が、

メジロの巣です。



知っているようで知らない

身近な鳥たちの棲家である、

鳥の巣。



そのかたちは、

鳥によって全く違います。

棲む場所によって、

一番安全なかたちを

とっているのでしょうか。

材料も、それぞれ。



枝や草の他にも、

飼い犬の毛や、

ハンガーなどの針金、

鉋屑、ビニールひもなどを

うまく利用しています。



『ぼくの鳥の巣絵日記』
作・絵/鈴木まもる
偕成社
定価(1,400円+税)



上段の中央が、メジロ。



――メジロの卵、スズメの卵より小さいんだよ。



ちびのモリーは

メジロ博士になったようです。



すばらしい知恵が

たくさんつまった鳥の巣。



身近にあって

知らない世界が

ぐーっと近づきます。




≪おはなしの森16周年記念≫




5月25日はおはなしの森の誕生日。


5月23日(月)から、本をお買い上げいただいたお客さまに、

ラベンダーのサシェをプレゼントいたします。


ヨーヨーキルトの柄は二種類。


やわらかな白無地と、動物たちが森で遊ぶ緑の柄。







おだやかな気持ちになる、やさしい香りです。


どうぞおたのしみに。


16周年記念プレゼントのサシェ

サシェのタグ作り。




≪参加者募集のお知らせ≫


おはなしの森では、絵本や物語の主人公たち

季節を感じる小物など、月に一回程度の

手づくり会“おはなしの森を楽しむ会”を

企画しています。



今回取り上げるのは、

人気の絵本『ぞうくんのさんぽ』



『ぞうくんのさんぽ』
作・絵/なかのひろたか
福音館書店
定価(900円+税)


最新刊が2016年5月号の

月刊誌『こどものとも年中向き』に登場!



『かめくんのさんぽ』
作・絵/なかのひろたか
福音館書店
389円


新刊を記念して、

手袋でぞうくんとかめくんを作る会を

7月に予定しています。

※定員になりました。





絵本をよみながら

ストーリーを再現してみたり……。



『ぞうくんのさんぽ』シリーズが

もっともっと好きになります。



********************


おはなしの森を楽しむ会に参加希望の方は、

キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)でご予約ください。


********************