緑があるって素敵です。“みどりのひきだし” 種の交換はじめます。『庭をつくろう!』『庭のたからもの』


早朝の森の庭では

クマゼミが大合唱。





トネリコの木に

たくさん止まっているのですが

人が見ていることに気が付くと

そろそろと枝の裏側に移動するのが

かわいらしい仕草です。






ひまわりには

花粉を集めに

蜂たちがやってきました。



日ざしがきつい夏ですが

ちょっとした木陰の緑が

すずしい風を運んでくれます。






緑があるって

素敵なことです。

森では小さなプロジェクトを

はじめることにしました。



みどりのひきだし
種の交換はじめます/seed exchange




外国の図書館には

種の交換をするための棚があるそうです。

図書館の利用者は

その棚にストックされている種を

自由に持ち帰ることが出来ます。



ただし、ひとつ条件があります。



それは≪種を庭で育てて、

花が終わって実りの季節が来たら

その種を棚に戻すこと≫です。



おはなしの森の交換棚は

ちいさな木箱ですので

みどりのひきだし”という名前です。



どの種も、ご自由にお持ちいただけます。



ヒメヒオウギは、こぼれ種で育ちます。


七月の時点では、

ビロード草
ヒメヒオウギ
クロタネソウ
ワスレナグサ
ミモザ
ストック

の、種があります。



                 とっても細かいビロード草の種!


種は、森の庭で採ったもの

スタッフやお客さまから分けていただいたものです。

どうぞ

ご自由にお持ちください。

そして、季節が来たら

種を届けてください。



※販売しているものではありませんので、発芽しない可能性もあります。※こぼれ種で育つものを中心にしていますが、手間の必要なものもあります。※在来種ではないものもあります。ご自宅でお育て下さい。



≪庭にまつわる絵本≫



『庭のたからもの』
作/大野八生
小学館
1350円+税

『庭をつくろう!』
作/ゲルダ・ミューラー
あすなろ書房
1500円+税

森の庭日記

森の庭日記
庭曜日の虫めがね