book


      お家で過ごす時間が長くなりました。本を楽しみませんか?店頭在庫など、電話・FAX・メールにてお問い合わせください。ご注文いただいた本は、発送いたします。

2016/01/29

かたっぽだけ落としたてぶくろ。 フローレンス・スロボドキン『てぶくろがいっぱい』


空に浮かんだ雲をみて、

雨雲?雪雲?と、

といかける毎日です。




ゆきの日も

あめの日も

傘をさす手は

てぶくろがあれば

ぽかぽかです。


でも、

どういうわけか

片方だけ

行方不明になりがちな

てぶくろ。



『てぶくろがいっぱい』
文/フローレンス・スロボドキン
絵/ルイス・スロボドキン
偕成社 定価(1,200円+税)


てぶくろを片方だけ落としてしまった

双子の男の子。

その話を聞いた人たちが、

落ちていた手袋を届けてくれます。




それも、

たくさん。



てぶくろを落とした人は、

こんなにたくさんいたんだ。



本当の持ち主に

てぶくろを返すため

男の子たちは

一計を案じます。



すてきな冬の絵本です。


≪おはなし会のお知らせ≫





≪おはなしの森を楽しむ会≫


●あずまバッグをつくりましょう。





2月15日(月)

10:30~12:30


定員6名

講習費800円


※裁縫道具をお持ちください。

※お子さまとご一緒の方は、ご相談ください。


*******************


おはなしの森を楽しむ会には予約が必要です。

参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)などで

ご予約ください。