12月の詩 『わたしたちの星』 谷川俊太郎



私たちの星
     
               
 はだしで踏みしめることの出来る星

 土の星



 夜もいい匂いでいっぱいの星

 花の星



 ひとしずくの露がやがて海へと育つ星

 水の星



 道ばたにクサイチゴがかくれている星

 おいしい星



 遠くからの歌声の聞こえてくる星

 風の星



 さまざまな言葉が同じ喜びと悲しみを語る星

 愛の星



 すべてのいのちがいつかともに憩う星

 ふるさとの星



 数限りない星の中のただひとつの星

 私たちの星
              



谷川俊太郎詩集『いま ぼくに』理論社より




今月もよろしくお願いします。

森の庭日記

森の庭日記
庭曜日の虫めがね