book


      お家で過ごす時間が長くなりました。本を楽しみませんか?店頭在庫など、電話・FAX・メールにてお問い合わせください。ご注文いただいた本は、発送いたします。

2015/05/04

≪5/3~5/6CLOSED≫豆の季節がやってきました『インゲンマメの絵本』『しあわせ豆料理』他





初夏の裏庭では、

豆がすくすくと育っています。






すがたかたちに

特徴があるマメ科の植物。


大豆に小豆、

ひよこ豆にうずら豆。

花豆、豌豆、黒豆、緑豆……


豆のかたちも色も

さまざま。


みて楽しく、

たべて美味しい。


そんな豆の絵本を

紹介します。




『そだててあそぼう
 インゲンマメの絵本』
編/十勝農業試験場菜豆グループ
農山漁村文化協会 定価(1,800円+税)


インゲン豆は、

黄檗山万福寺の開祖である

隠元禅師が、

明の時代に中国から日本へ

もたらしたものです。


実は、

金時豆は赤インゲン豆。

うずら豆もインゲン豆。

和菓子の原材料に

表記されていて

その字面に一瞬ぎょっとする

手亡豆も、白インゲン豆。



インゲン豆には、

いろいろな種類があるんですね。



庭で育ててみると

おもしろいかもしれません。





さて、

生の豆は

調理が簡単ですが

乾燥させた豆となると

一瞬ためらう方も

いらっしゃるかもしれません。


おはなしの森では

保温調理に役立つ

鍋帽子をつくる会を

去年の冬に開きました。






鍋帽子の使い方はコチラ 




『かぶせておくだけ!ふっくら保温調理
 魔法の鍋帽子 レシピ85』(婦人の友社)
婦人の友社 定価1620円(税込)


この鍋帽子も

豆料理に役立つのですが

まず基本のき、として

おすすめの豆料理本は

こちらです。



『しあわせ豆料理』
著/大庭英子
家の光協会 1,296円



はじめて豆を煮てみよう、と

思われた方は

ぜひ、この本を

読んでみてください。


なにごとも

はじめの一歩から。


豆は栄養価も高く

和洋中と

さまざまな料理に使える素材。


料理のバリエーションも

きっとひろがります!


≪講座のお知らせ・受講生募集中≫




●津図書館
 
 ストーリーテリング講座




おはなしと出会い、楽しみ、

最後には一つおはなしを覚え、語っていただく

講習会です。

覚えていただいたおはなしは宝物!

こどもたちにおはなしを語ってみませんか。


担当/津おはなしの会「マザー・グース」

日時/ 5/27
    
       6/3、6/10、6/17(いずれも水曜日)

      10:00~12:00

場所/津図書館2F視聴覚室

   (最終日は1Fおはなしの部屋)

お申込みは、津図書館へTEL 059-229-3321


詳しくはこちらのリンクからどうぞ


≪参加者募集のお知らせ≫


6月のおはなしの森を楽しむ会で、

ぐりとぐらの手ぶくろ人形を作る計画を立てています。




作ってみようかな……と思われる方、

どんなのだろう……と気になる方は、

お気軽にスタッフにおたずねください。



≪おはなしの森を楽しむ会≫



●ナチュラルカラーの
 
 きんちゃく袋を作りましょう






日時 5月22日(金)
   
    10:30~12:30

定員 5名

講習費 ¥700


簡単仕立てのパッチワークできんちゃく袋を作りましょう。


バッグの中の小物整理に便利なサイズです。


*******************


☆おはなしの森をたのしむ会には予約が必要です。


参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)

などでご予約ください。


☆4月の会には裁縫道具をお持ちください。


☆お子さまとご一緒の方はご相談ください。