book


      お家で過ごす時間が長くなりました。本を楽しみませんか?店頭在庫など、電話・FAX・メールにてお問い合わせください。ご注文いただいた本は、発送いたします。

2015/05/03

≪5/3~5/6CLOSED≫絵本と映画の素敵な関係





連休の過ごし方は

さまざま。


旅をしたり、モールへ出かけたり

庭をたがやしたり、お鮨屋さんへいったり

クルーズしてみたり、宇宙へ行ってみたり

……


映画を見るのも過ごし方の一つです。



森太郎は大の映画好き。

敬愛する監督はウェス・アンダーソン。


森太郎が今読んでいる

『すばらしき父さん狐』(ロアルド・ダール)を

映画化した監督でもあります。



――ロアルド・ダールはおもしろいね!






絵本や読み物が

原作となった

映画の中から

ゴールデン・ウィークにオススメな作品を

ご紹介します。



たたかうお父さんは、ファンタスティック。


『ファンタスティックミスターFOX』





性悪な農場主と知恵比べしながら、

生活していたきつね一家。

父さんきつねの盗み(七面鳥やら鶏やら)に

堪忍袋の緒が切れた農場主たちは、

とうとうきつね一家を追い払いにかかります。


ストップ・モーションアニメで撮られた作品です。


きつね一家の他にも、

たくさんの動物たちが登場します。

その表情のゆたかさや、

毛皮の表現は言うまでもなく、

一家の家や、学校の理科室など

作り込みがとってもこまかい!


画面のすみからすみまで

みどころ満載です。


原作とは違う点も多いのですが、

間違いなく楽しめます。



『すばらしき父さん狐』
作/ロアルド・ダール
絵/クエンティン・ブレイク
評論社 定価(900円+税)



ロアルド・ダールの作品は、あの

『チョコレート工場の秘密』(評論社)をはじめ

多くの作品が映画化されています。



『おばけ桃が行く』(評論社)
『ジャイアント・ピーチ ダールのおばけ桃の冒険』(評論社)






ジョニー・デップが演じた

ウォンカさんに勝る個性派キャラクター

ミス・アガサ・トランチブルが登場するのは

『マチルダは小さな大天才』(評論社)





超能力を持った天才少女マチルダが、

自分の道をきりひらいていく話です。






俗悪なディーラーの父親に、

生徒をいびるのが何よりの楽しみの校長先生。

マチルダの前途は多難ですが、

ただのいい子ではない彼女のこと。


理不尽なしうちには、

黙っていません。



やってくれます。






次に紹介するのは

森に出かけたくなる

作品です。



ひみつの友達ができました。


『きつねと私の12か月』





この作品には、

自然をテーマに映像を撮り続ける

リュック・ジャケ監督の作品をもとに

制作された絵本があります。


原作ではありませんが

一緒に読んで、見てみると

作品の精神が

より伝わるのではないかな、と

思います。


一匹のきつねと出会った少女。

にんげんと、きつね。

言葉も通じない、違う生き物。

けれど、ふたりはだんだんに

心を通わせていきます。


楽しい時間もあれば、

厳しい時間もおとずれる。

友だちって何だろう、と

考えるきっかけが

うまれる作品かも知れません。


フランスはアルプス地方の

自然の美しいこと!



少女が森で過ごす夜のシーン、

必見です。



『きつねと私の12か月』
制作/リュック・ジャケ
絵/フレデリック・マンソ
そうえん社 定価(1,300円+税)



他にも、



『コララインとボタンの魔女』
(著/ニール・ゲイマン訳/金原瑞人)








『かいじゅうたちのいるところ』
作/モーリス・センダック
冨山房 定価(1,400円+税)






などなど、

たくさんの絵本や物語が

映画化されています。



きっとその訳は、

想像力のみなもとが

これらのなかに

ぎゅーっとつまっているから。



本を読んだ人の心の中には

その人が監督となった

オリジナルの映像が

できているはず。



心の中では

みんなが名監督!



それぞれの映像を

見せ合うことができたら

どんなに

楽しいでしょう。



ぜひ、

原作と一緒に楽しんでください。




≪講座のお知らせ・受講生募集中≫




●津図書館
 
 ストーリーテリング講座




おはなしと出会い、楽しみ、

最後には一つおはなしを覚え、語っていただく

講習会です。

覚えていただいたおはなしは宝物!

こどもたちにおはなしを語ってみませんか。


担当/津おはなしの会「マザー・グース」

日時/ 5/27
    
       6/3、6/10、6/17(いずれも水曜日)

      10:00~12:00

場所/津図書館2F視聴覚室

   (最終日は1Fおはなしの部屋)

お申込みは、津図書館へTEL 059-229-3321


詳しくはこちらのリンクからどうぞ


≪参加者募集のお知らせ≫


6月のおはなしの森を楽しむ会で、

ぐりとぐらの手ぶくろ人形を作る計画を立てています。




作ってみようかな……と思われる方、

どんなのだろう……と気になる方は、

お気軽にスタッフにおたずねください。



≪おはなしの森を楽しむ会≫



●ナチュラルカラーの
 
 きんちゃく袋を作りましょう






日時 5月22日(金)
   
    10:30~12:30

定員 5名

講習費 ¥700


簡単仕立てのパッチワークできんちゃく袋を作りましょう。


バッグの中の小物整理に便利なサイズです。


*******************


☆おはなしの森をたのしむ会には予約が必要です。


参加ご希望の方は、キットを用意しますので

電話(059-222-5554)または

メール(ohanasi-gurimu@celery.ocn.ne.jp)

などでご予約ください。


☆4月の会には裁縫道具をお持ちください。


☆お子さまとご一緒の方はご相談ください。