11月の詩『かきの実』与田準一



つゆが しもに変わり

しもは朝ごとに白くなる


むらのかきの実は 赤くうれ

赤く 赤くうれ

ひくい枝から だんだんへっていく


空は一日 青くすみ

青く 青くすみ

からすのむれが

ごまをまいたように飛ぶ


そんな日が続き

同じような日が続き

こずえに残されたかきの実一つ


実は赤く光り

赤く 赤く光り

冬が来た信号燈のように

村でいちばん早く 朝日をあびる


『ゆめみることば』

与田準一

教育出版センター

森の庭日記

森の庭日記
庭曜日の虫めがね