2017/06/28

雨の日の公園はヤマモモの匂いでいっぱい。夏のくだものといえば、ゆらりゆられて旅するだあれ?高畠純『すいかのたび』絵本館


梅雨らしい空です。


森の読書猫森太郎とモリーは

しとしと雨の中をお散歩に出かけました。






旧博物館前のメタセコイヤは

剪定されて緑のポッキーみたい。



偕楽公園の中に入ると、

あまいにおいがします。

――ヤマモモだね。

樹上を見あげた森太郎が言いました。






赤くて丸い実が

たくさん実っています。






地面の上にも

落ちた実がいっぱい。



スーパーマーケットにも

プラムやぶどう、モモといった

夏のくだものが並びはじめました。



大きくて、まんまるで、

縞模様がおしゃれなこのくだものも

見かけることが多くなりますね。






スイカです。



『すいかのたび』
作・絵/高畠純
絵本館
定価(1,200円+税)



海をゆらゆら、旅するすいか。



海のどうぶつたちがやってきて

すいかにごあいさつ。



ラッコにあざらし、

そして……おおきなあの影は?



いつの間にか

ぷかぷかすいかの目線になって

海をただよっている気分に。



どきどきする旅に

出発です。







雨にうるおった苔は

水をいっぱいに含んで

緑の星のように輝いています。



カエデの種には

プロペラがついています。

(翼果と呼ばれる形です)



風に乗って、遠くまで行けるように。



この種はどこから

旅してきたのでしょうか。



森太郎とモリーは

種の旅を想像して

わくわくしました。