2017/06/19

ナメクジは自由を求めて進化した?三輪一雄『ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん』偕成社。


……雨はどこへ?

アジサイが不思議そうに

空を眺めています。






前庭のチェッカーベリーには

花が咲きました。

実がなるのが楽しみです。






この花はナスタチューム。

黄色やオレンジの花が咲き、

丸い葉っぱはとってもかわくて、

しかもサラダにして食べられます。






ところが、

このナスタチュームは

森の裏庭から姿を消します。



その理由は……。



『ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん』
作/三輪一雄
偕成社
定価(1000円+税)



ナメクジが食べてしまったのです。

ナスタチュームはナメクジの大好物。

溶けるように消えてしまいました。



庭仕事の天敵ともいえる

ナメクジ。



箸でつまんで捨てられたり、

塩をまかれて退治されたり。



園芸家はこの“害虫”を

植物から遠ざけようと必死です。






でも、ナメクジからしたら

理不尽かもしれません。



……似たようなカタツムリは、こんなに嫌われてないのに。



『ガンバレ!!まけるな!!ナメクジくん』

ナメクジの視点から描かれた

ナメクジにエールをおくる絵本です。



書きだしはこう。



カタツムリのカラをとると、

ナメクジになるの?



答えは簡単。



なりません。



ですが、

カタツムリにはうずまきの家があり、

ナメクジにはない理由が

存在しているようなのです。






読後にナメクジを愛することが

できるかどうかはわかりませんが

ただの嫌われものから

“愛すべき……嫌われもの”として

興味をもつことはできそうです。



ぜひ、ご一読を。