2017/06/02

クロタネソウの変身。森の裏庭フルーツビュッフェ、ジューンベリーは完売です。大野八生『庭のたからもの』小学館


昨夜は大嵐でした。



森の読書猫ちびのモリーは

キッチンの窓から

びかびか光る空を見ていました。



ジューンベリーの木は大風に揺さぶられて

枝も葉っぱもしっちゃかめっちゃかです。



――メジロが来る前でよかったなぁ。


ちびのモリーは、つぶやきました。






去年、

森のジューンベリーに

メジロが巣をかけたのです。






ちびのモリーは

今年もメジロがやってくると

信じているみたい。



ジューンベリーの実は

ムクドリたちのごちそうになって

ほぼ完売。



食いしんぼさんたちが去って

静けさがもどったら

メジロはやってくるでしょうか?



『庭のたからもの』
大野八生
小学館
定価(1,350円+税)


すっきりとした線で描かれた植物が

生き生きとしたイラストレーション。



植物に深い親しみを持つ著者が

身近な自然――庭、街路樹、公園

について、楽しむヒントを教えてくれます。



≪夏の収穫を楽しむベリーガーデン≫には

ジューンベリーも登場。

これからの季節に楽しめそうな

≪真夏の夜にかおる花たち≫には

付箋をつけておきたいですね。



ただ植物の名前をしるだけではなく、

楽しみ方や、成長のしくみについても

しることができます。






森の庭のあちこちから生えてくる

クロタネソウ。

青い花は涼やかですが、

その期間はとても短くて

あっという間に姿を変えます。







深海の生物みたいな

ユニークな形です。

茶色くからからに乾くと

中には名前の通り

“黒い”小さな種が入っていて

こぼれ種でどんどん増えていくのです。